【COMEMO】希少疾患ビジネスモデルの今後にかかってるのかも

3月末から話が出て来てましたが、この記事によれば、当初の買収条件であるシャイアー1株=44ポンドでは難色を示されていたが、49ポンドに上げたことで合意しそうとのことです。なかなか面白い事例になりそうなので、今後の進展もモニターしたいと思っていますが、今日は2点だけ。

①シャイアーは希少疾患に強いと言われているようで、このビジネスモデルの成否がこの買収の成功いかんを決めていくような気がします。創薬分野で、いわゆるアマゾン流の「ロングテールモデル」を作れるか、っていう点ですよね。これがどういう結果になるのかはなかなか興味深いかと。

②あとは、この買収のための7兆円をどう資金調達するかはやはり興味深いでんかと。記事では、武田の時価総額以上の新株発行するし、また3兆円近くの借り入れも必要と、negative要因として書かれていますが、個人的にはもう少しレバレッジをかける(借り入れのポーションを増やす)方がいいような気もします。さてさて、どういう割合に落ち着くのでしょうか。武田の株主にはsupportiveな判断をしてもらいたいと思いますが。
取り急ぎ、第一報ということで。
(了)